一見さんが常連さんに。 そして常連さんに支えられる。 11.June.2016-1.July.2016 / by Milton Coffee Roastery

ミルトンは紛れもなく常連さんによって成り立っているお店です。 私の指導するスタッフ教育の中にも、常連のお客様という言葉が度々出てきますし、日々のスタッフ日報の中にも常連さんとの会話の内容が出てきます。  当然、スタッフは私がオープン以来、ひいきにして下さるお客様を大切にしたい気持ちを汲んでくれていますし、スタッフ達も接客を通じて、ご来店くださる皆さまに常連さんになってもらいたい!という気持ちで取り組んでいます。

常連のお客様とは、いったい何を指しているのでしょうか。私が描く常連像はお店のまさに「応援者」ということでしょうか。 応援と言っても、遠くで成功を祈っています! みたいな事ではなく、お店や通販を利用しながら、店の方針や姿勢から商品やサービスに至るまで、お店の立場を理解してくださるお客様が常連のお客様には多いように感じています。

一度のご利用では、お店の良し悪しも、方向性もわかりませんので、お店の立場までは理解できないかもしれませんが、何度かご利用される度に、何かしら感じ取る物があり、いつしか応援したくなる・・・私の理想の常連像です。  応援してくださる方は、混雑時や、新米スタッフの未熟な対応の時も、店側の気持ちも汲んでくれるような配慮をしてくださいます。 とてもありがたいことですし、そうして頂けると更に大切にしたいとお店側も思います。

また、応援してくださる方々は好みの味ではなかったコーヒーであっても、再度来店してくださり、正直な意見をくださるなど、お客様の気持ちを行動や言葉で表現してくださいます。  厳しいご指摘はまさに常連さんの大切な「声」ですので、反映出来ることならば、我々もなるべく早く行動に移します。  

面白いことに、お客様の層はお店ごとに異なることは皆さんも感じていると思います。その空気感を作っているのは、何を隠そうお店自体なのですから、どのような常連さんがつくのかは、正にお店次第ということになります。  ミルトンをご利用されるお客様は、やはりこだわりを何かしらもっていらっしゃる方がとても多い! 特に食に関する関心が高いお客様が多いように感じます。

安心して美味しく飲めるコーヒーだから・・・、人様にギフトでお渡ししても、とても喜ばれるから・・・、スタッフの方が明るくて会話も楽しいから・・・常連さんから良く聞くお言葉です。お店は全てのお客様に大満足していただけるように日々、最善の努力をするのみ!最善を尽くしていることを理解してくださる応援者が多ければ多いほど、お店の中身も成長できると信じています。

代表取締役 田中大介