安心安全尚且つ心地良い状態は、逆に落ち着かない / by Milton Coffee Roastery

オーナーレター 04.October.2017-31.October.fw.JPG

ミルトンを始めて十二年目となり、ブレーンも育ち、小さいながらも会社というものが回るようになってきました。 
更に、私の家族も言葉の通じない場所で日々挑戦しながら生活しています。 やっと私も次の段階に移れる時期がやってきたわけです。

とある研究者の話では、人間の脳みそは自己防衛のために、無理をしないように出来ているそうで、本来チャレンジし続けるようにはなっていないようです。 冒険心よりも、安心安全で心地よい状態を維持したい欲求の方が強いというのです。 いわゆるぬるま湯状態です。 なんてつまらない人生なんだ!と個人的には思ってしまいますが、その人が幸せならそれはそれでいいとは思っています。

私の性分上、新しいことに挑戦出来ない事は、手足を固定された囚人のごとく不自由で 苦痛でしかありません。  起業当初から比べると個人レベルでの挑戦度合いは減ってきていて、そろそろ大きく動きたい衝動にかられています。 そしてこれは当初から予想できていたことでもあります。 予想出来ていたからこそ、今まで入念に下準備をしてきたと言っても過言ではありません。

他人が作り上げていく世の中のトレンドや時代は読めませんが、自分がこれからどんなライフスタイルを送っていくのかぐらいは予想ができます。 自分のことですからある意味当たり前ですし、そもそも目標があるから、そこに向かって行けば、遅かれ早かれ遠かれ近かれ到達出来てしまいます。 もちろん継続すればの話です。

新しいことにチャレンジする事自体が楽しいじゃないですか。  なにせ未知の世界ですから、何が待ち受けているか
わからないわけです。 映画もゲームも実生活もアドベンチャー要素が豊富にある方が、刺激があって私は大好きです。ぬるま湯は私にとっては危険な状態です。 思考能力が低下し、視野が狭くなり、危機管理能力までが衰えていきます。

どっぷりとぬるま湯に浸り、自分が率先して動かなくても世界が動いていくのは、自分以外の人が世界を動かしているからです。 言ってみれば他人が作り出したシステムや環境の中で生かされているわけです。  この表現を過激に感じる方なら、危機管理能力はまだ機能していますし、気付いている人は気付いています。

私の起業第二章のプロローグは始まりました。 不安もありますが、修学旅行前夜の興奮と目には見えない期待のようなものが上回っているのは間違いありません。