新入社員研修で鍛えられるのは、私の方かもしれない / by Milton Coffee Roastery

現在、朝から夕方まで付きっきりで行っている新入社員研修ですが、そのほとんどの時間を私が担当し進めています。 会社のトップなら他にやることも沢山あるでしょうと言われるかもしれませんが、私にとっては先行投資の一環ですし、将来活躍してくれるであろう社員の教育ですから、大切な仕事に変わりはありません。

会社のことを最も理解し、最も説明できる人間は、この会社の中では私でしょうし、経営のトップから受ける研修は、経営のリアルさも感じることができる為、ある意味刺激的な内容を勉強できるはずです。 三名の新入社員は今年十九歳の女性達。 年齢も若く、感受性も豊かで、頭も柔らかいわけですから、習うことはスポンジのように吸収し理解してくれます。 好奇心が.旺盛なのは見てもわかります。

しかし、社会経験が無いに等しい彼女らは、社会への不安、仕事への不安、将来の不安、家族の不安など、表しきれないぐらいの不安と戦っているようにも私の目には映っています。 そんな彼女達を私なりの発想で作り出した研修内容でみっちり三カ月鍛えていきます。表舞台に出られるのも当然三カ月後となります。 お給料も発生していますし、今すぐにでも実践に出したいぐらいの気持ちはありますが、教育してからでないとお客様にも、一緒に働く同僚にも迷惑がかかってしまいます。

当社の新人研修は通常の会社とは全く異なります。 まず仕事柄スーツを着ることがないので、入社日のためにわざわざリクルートスーツを買う必要はありません。 そのお金を味覚を鍛える為の自己投資に使って欲しいと思います。 問題点に気付く方法を教えます。 妄想の方法も教えます。 それらを継続的に行う癖をつけるように仕向けています。 厳しさと緩さのメリハリをつけ、彼女達にもオンとオフの切り替えが出来るように方法を教えています。

世の中がどのように動き、人は何に導かれ、実際には多くのことが一部の組織や企業などにコントロールされているなど、やや難しい内容も伝えています。 更には、社会人になったわけですから、お金の話も盛り込まれています。まだまだ研修は始まったばかり。  大人の内容過ぎて、きっと頭がパンパンで一日が終わっているのだと思いますが、今のところ「楽しい!充実している。」と言ってくれているので、私も頑張って研修を続けていこうと思います。

研修の先にある仕事が本番ですから、それこそ彼女達の社会人生活は始まったばかり。 そして同時にジェネレーションギャップなどを理由にギブアップできない私自身の研修も始まったばかりでございます。