焙煎は多くの事を教えてくれる / by Milton Coffee Roastery

新聞やテレビ等の取材で度々、「何に最も力を注いでいますか?」という質問があります。正直な私の答えは、「仕事に関わる全て」となるわけですが、それでは取材も一日では終わらないので、「日本にいる時の仕事の中では、美味しさを追求するのに最も力を注いでいるのは、焙煎です。」と答えます。

コーヒー豆の販売をメインに営むコーヒー屋は、どこも焙煎に力を入れているのは間違いないでしょう。 コーヒー豆にしか力を注ぐものがないわけですから、そこを手抜きするということは、もはや趣味の世界とお客様から思われても仕方ありません。焙煎は私にとって楽しくも苦痛であり、味を決定づける最大の化学変化でもあります。

ミルトンのように生産者の方々から直接買付けをすると、彼らが費やしてきた努力と大変さを知ることになります。 彼らの労力を肌で感じ、感謝の気持ちが湧いてくると彼らの努力を無駄にしてはいけない!美味しさを伝えなくては!といった責任感が生まれます。 私はこの責任をとても大切にしていまして、本来の風味を出しきれていない焙煎豆を販売するということは、生産者の意に反するものと考えているわけです。

美味しく焼かないと生産者ががっかりし、それが消費者に美味しくないコーヒーとして認識されてしまうと取り返しのつかない事態を生みます。 生産者達を大切にしたいからこそ、焙煎は大事なのです。 コーヒー焙煎によって風味を最大限に出し、妥協しないコーヒー豆を販売し続けていると、お客様が美味しい時に感じる反応が、とても分かりやすくお店側に伝わってきます。 そしてお友達にもご紹介してくださり、お祝い事やプレゼントなどにも使ってくださいます。

何年も妥協せず続けていると、見てくださる方は見てくださっていると感じます。  応援もしてくださいます。 一生懸命さが、スタッフを通じて、そして美味しいコーヒーを通じて、お客様に伝わり、よりコーヒーが美味しく感じるのだと信じています。 妥協して販売したコーヒーは、舌の肥えたお客様にはすぐに伝わります。 それが続けばファンはいなくなってしまいます。

お客様をがっかりさせないためにも、一生懸命に働いてくれるスタッフ達のためにも、そして店の存続の為にも、焙煎は非常に重要な仕事なのです。 美味しく焼ける度に喜びがあり、少しでも納得できないと苦痛になり、の繰り返し。

その域に達するように、私に代わって焙煎をしているスタッフに指導している最中です。