ベンターハ農園とティエラリンダ農園へ・・・  (03/09) / by Milton Coffee Roastery

2010 Nicaragua 9th March 008_R.jpg

日本から1日遅れの、こちら9日からは日本にも何度も来てくれていて、現在も販売中のラ・ベンディシオン農園のルイスさんと行動を共にしています。

ベンターハ農園と、ティエラリンダ農園は隣接していて、ホテルのあるオコタルからも近い位置にあるので、移動は楽々♪でしたね。 毎年ルイスさんが農園視察を手伝ってくれて、通訳もしてくれるのでとても助かっています。

一緒に写っているのは、左が香川県のアロバーコーヒーさん、ルイスさんの左隣が山形県の水カフェさんです。 水カフェさんは昨年から一緒に買付けに参加しはじめましたので、今回は2回目の訪問ですね。

2010 Nicaragua 9th March 019_R.jpg

さて、ベンターハ農園とティエラリンダ農園は、パグアガ一族で運営されていて、その下に大勢の労働者達が作業を分担して支えています。 丁度到着した時は、数回行われる収穫の一番最後の収穫が終わった時だったので、緑色の未熟豆やらワインレッドの完熟豆すべてが混ざった状態で、収穫されていました。 それを一旦下山してから、未熟豆だけを分別している様子が、この2枚の写真です。

2010 Nicaragua 9th March 018_R.jpg

収穫作業者をピッカーと呼んでいますが、彼らは日の出前から収穫作業をはじめ、ひたすら毎日摘み取り作業を手作業で行います。 とても大変な作業ですが、彼らにとってみればそれは極々自然な、普通の仕事なんです。

2010 Nicaragua 9th March 069_R.jpg

何時間か滞在しましたが、今年も新しい発見をさせてもらって良かったです。 やっぱり産地はしっかりと毎年訪問したいものです。 あとはスペイン語で日常会話がスムーズにできるように早くなりたいですねぇ、ほんと。



ベンターハ農園のセルジオ・パグアガさん、ティエラリンダ農園の二エベス・パグアガさん、毎年訪問を快く受け入れてくれて有難うございます。



今日、10日はラ・エスペランサ農園と、サン・ホセ農園に訪れ、その後は彼らのコーヒーのカッピングです。 今日も勉強できる経験がたくさんあるでしょう!