なかなか今年もいい品質のコーヒーが入手できそうですよっ  (03/14) / by Milton Coffee Roastery

エルサルバドルで農園視察から、買付け用のカッピングセッションなどを行ってきていますが、今年も良い品質のコーヒーが入手できそうで、安心しました。 そこまで心配していたわけでないのですが、やはり自分の目で現場を確認、カッピングで品質確認できると、今年もお客さんに喜んで貰えるだろうなと嬉しくなります。

2010 Nicaragua 12,13th March 019_R.jpg

エルサルバドルに到着した晩は、サンタ・ホセフィータ農園のリマさんのお宅で夕食をご馳走になりました。 リマさんの子供達も年々成長していく過程が見え、「ん~自分もそれだけ年をとってきてるんだな・・・」と 小さなことを実感してしまいます。



翌日から買付け用のカッピングをはじめ、農園にも行き、環境を再確認。 

2010 Nicaragua 12,13th March 060_R.jpg

左のクツカチャパ組合のカッパー、マウリシオさんは、いつ行っても親切に対応してくれ、我々のカッピング後の意見交換にも的確に自分のコメントをくれる方です。 エルサルバドルのカップオブエクセレンスの国内審査員としても活躍している頼もしい存在です。

今年から若干買付けの方向性を修正していきますが、これからますます面白いことになりそうですし、ディープな世界に入っていきそうな気がします。

2010 Nicaragua 12,13th March 075_R.jpg

農園訪問は、ひとまず現在販売中のラス・ヌベス農園を視察しました。 もう売切れてしまいましたが、サンタ・ホセフィータ農園とは同じ火山の反対斜面に位置する農園です。 ここも微気候には恵まれているように感じます。 ちなみにカッピングでは今年のラス・ヌベスに88.5点をつけた程、素晴らしい出来でした。 この高得点をつけたコーヒーは購入できると思いますので、お楽しみに♪

2010 Nicaragua 12,13th March 106_R.jpg

夕方から、リマ兄弟の末っ子のエンリケさんと合流して、新しくマイクロミルに導入したコロンビアのウェットミルのシステムを見せてもらいました。 昨年まではブラジル産の機械を使っていましたが、品質を落とすことなく電気や水の節約を大幅にすることができるそうです。 使用する水に至っては1/8ですむそうです。 



昨日は上記のような内容で、充実した日が送れました。

今日3月14日は日曜日ということもあって、リマさんの奥さんのご家族が所有する湖畔に息抜きをしに行ってきます。 毎日が息つく間もない行動を繰り返していたので、ちょっと今日はのんびりできそうです。



日本のお客さんに、今年も素晴らしいコーヒーを飲んでもらえると思うと、早く持って帰りたい気持ちにかられますが、ニカラグアのコーヒー同様に日本到着は夏前になりそうです。 でも期待していてくださいね。