今日はちょっと面白いものを載せちゃいます  (07/18) / by Milton Coffee Roastery

これなんだと思います?



たぶんこれ見て直ぐに分かった人はコーヒー業界の方でも一部だと思います。



実はカレー粉です。 

2010 272.jpg
ではなく、



これ、コーヒーに含まれるカフェインの結晶なんです。

見た目はカレー粉なんですけどねぇ。 カレー臭は当然なく、ほぼ無臭なんです。

初めて目にする人も多いかもしれませんねぇ。 僕も初めて見ました。



カフェインレスコーヒーを作る時に当然カフェインを抜く工程がありまして、そこで液体と一緒に混ざってこの結晶が抽出されるわけです。

白く光っている部分が結晶がフラッシュに反射している部分です。

この粉から更に精製処理を施して、食品用のカフェインに使用されます。



ここの工場、写真撮影は許されず、プラント内は写真を撮れませんでしたが、この粉はどうしても撮らせて欲しいと何度もお願いして撮りました。

プラント内の写真を断られたのは企業秘密もあるのでしょうけど、この粉を取ってはいけないという理由は別にあったようで、単に見た目があまり綺麗なものではないので、消費者にきちんと説明した上でなら見せてもいいよ・・・と渋々の返答を頂きました。



っということなので、「え~これがコーヒーの中に入っているのぉ~」などと、思わないでくださいね。

そんなこと言ってたら、他の食品も言わないといけなくなってきますから。



このカフェイン、何に使うのかといいますと、栄養ドリンク剤や眠気覚ましドリンク、エナジードリンクなどの製造会社に売られていきます。 内容物にカフェインと書いてあるものの原料の元の姿がこんな感じのものなんです。



カフェインの結晶をちょっとだけ舐めさせてもらいましたが・・・ 

結果は、    舐めない方がいいです。



苦みの極みみたいなもので、苦み以外の何も感じませんし、後味がとても悪く、しかもその後味の悪さがずーっと続きました。

恐らく、このカフェインの結晶だけでは苦いのでしょうし、これを抽出した原料のコーヒーの質の悪さも影響したのかも。

美味しいコーヒーのカフェインも舐めてみたいものです。



ミルトンではカフェインレスのコーヒーを取り扱っていませんが、将来的には考えています。

スペシャルティコーヒーをカフェインレスにするのも勿体無い気もしますし、費用もかさみますがニーズはありそうです。



実際に品質を確かめようと程度の良いコーヒーをカフェインレスにしてもらいカッピングもしてみましたが、多少バナナに似た臭いがしますがカフェインを気にされる方には人気商品になるかもしれません。



現在商品開発中なので、販売に漕ぎつければご案内致しますね。

カフェインレスコーヒー以外にも色々進行中ですが、今は内緒です♪