ラ・ベンディシオン農園への道中! / by Milton Coffee Roastery

本来もっとガタガタ道なので、僕が撮影した映像も手振れがひどいはずなのですが、さすが最近のカメラは性能がいいですねぇ~。 多少揺れていますが、酔いそうになるほどの手振れにいたっていませんね。

産地にはどんな機材を持っていくの?というご質問にお答えします。
産地へ買付け行くときはコンデジを1台と、HDVカメラを1台持っていき、皆さんが実際に飲んでくださるコーヒーがどんなところで作られているのかわかる様に撮影しています。 もちろん、ミルトンのスタッフの勉強の為のいい教材にもなっています。

今回のニカラグアには、リコーのCX5というデジカメと、ビデオカメラはソニーのHDR-XR550を持参。 この映像もこのソニーのビデオカメラで撮影したものです。

産地へ行く度に思うのですが、現地に行くと気持ちがいい!! 空も高く、青く、自然の豊かさに癒されますね。 少々ホコリっぽいですが、そんなの気にならないぐらい、気分が晴れ晴れします。

ラ・ベンディシオン農園は、ミルトンの取扱いコーヒーの中でも後発の発売でしたので、まだまだ他の種類に比べてファンは少ないかもしれません。 でも農園に行くと、これから益々グレードアップしていく期待が持てることがわかります。

ラ・ベンディシオン農園は、ニカラグアのヌエバセゴビア県の中でも、北東に位置するハラッパ地区に農園があり、同国で他の買付けしている農園が多くあるディピルト地域よりも雨量が多いせいか、熱帯雨林地帯となっていて、緑も豊富ですね。 土壌もディピルトの砂地とは違い、より粘土質になっています。

この映像の後、そのまま農園のある標高1350メートルまで、ひたすら登りつづけます。 次は農園の様子をアップしますね。

農園の動画は、トップ画面上の「産地映像」からも、農園ごとにご覧いただけます♪ 少しずつアップしていきますが、膨大な量の映像ファイルの整理に追われているのも事実・・・。 少しでも情報に透明性を持たせたいですし、コツコツ頑張って紹介していきますね☆