なかなかいいタイミングでのエルサルバドル訪問です  (2/28) / by Milton Coffee Roastery

27日はニカラグアからの移動で終わってしまいましたが、疲れを取るにはいい骨休みになりました。

今日28日からエルサルバドルの本格始動です。 まずはエルミラドール農園(完売済み)とエル
タンボール農園(販売中)農園の農園主フェルナンドさんとアーネストさんのご家族が所有するプライベートミルに訪問。

R0011276_R.jpg

ちょうど訪れたときに、僕達が買付けるロットの今年収穫されたばかりのエルミラドール農園のコーヒーが乾燥場に敷かれ、入念に撹拌しながら、乾燥されていました。

R0011282_R.jpg

ここではレンガのタイルが敷き詰められた床に、殻付のコーヒーが敷かれていて、先端がフォークの形をした道具で、縦方向、横方向と交互に溝を作っていきます。 山形にすることで、表面積を増やし、乾燥処理を早める作用があります。

R0011336_R.jpg

ここの乾燥場では更に乾燥エリアを拡大する為、現在その準備を進めているところです。

さて、今回訪問した際に目にしたのは収穫して乾燥させたコーヒーを、より安全なフェルナンドさん達が勤務する組合の倉庫に移動させる光景でした。 本来無理に移動させなくてもいいのですが、皆さんもご存知の通りコーヒーの価格が上がり、そのコーヒーを狙った泥棒が増えているとのこと。 ひと気の少ないココよりは、よりセキュリティの高い倉庫へ移動させるというわけです。

R0011312_R.jpg

組合の倉庫へ移動する前に、ちょっと腹ごしらえ。

お食事中に写真撮って、ごめんねフェルナンドさん。 奥さんの作ってくれたバゲットサンドイッチは、とても美味しく頂きました。

今回フェルナンドさんにとって物凄く忙しいタイミングと僕達の訪問が重なってしまったにも関わらず、本当に快く案内してくださり、感謝感謝です。 

R0011344_R.jpg

ランチの後は組合倉庫へ移動。 大型トラック3台分のサンタエレナ農園のコーヒーと、カップオブエクセレンスに出品するマイクロロットも一緒に移動させます。 一応トラブル回避をする為に、3台のトラックの前後に護衛のような形で一緒に移動しました。 

R0011363_R.jpg

無事到着したあとは、お待ちかねのカッピングタイム♪

今回買付ける農園の品質チェックと一緒に、他のカップオブエクセレンスに出品する予定のサンプルもチェックさせてもらいました。 どれも収穫されてから日が浅いものばかりで、風味の発達がこれからのものばかりですが、そのポテンシャルが伺える素晴らしいサンプルもあり、87.5点や87点が簡単に付くコーヒーをカッピングできて僕は大満足。 

きちんと風味が引き出せるレベルまでコーヒーを落ち着かせてあげれば、もっと点数が付くと思います。

R0011381_R.jpg

カッピングはブラインドで行われますが、肝心の我々が買付けるコーヒーはどうだったか・・・ 僕の点数では昨年よりも出来が良かったのでしょう、点数が高く付き、一安心。 結構ドキドキするんですよね。 お客さん皆さんに喜んでもらえるコーヒーを買って帰ることが、僕の仕事ですから。 いやぁ~良かった、良かった!

R0011391_R.jpg

オレンジのポロシャツを着たマウリシオさんはカップオブエクセレンスの国内審査員で、僕達の訪問時にはいつも丁寧にカッピングの準備をしてくれ、最後の意見交換もしっかりしてくれる頼もしいカッパーです。



右端のウーゴさんは、同じくココの組合で焙煎人として働きながら、エルサルバドルで開催されるカップオブエクセレンスのサンプルを焙煎する重要な作業もしています。 彼らのサポートもありながら、買付けもきちんと進められることに感謝しています。 正直、産地側の方々のサポート無しでは、僕達のような零細ロースターは買付けなんてできませんからねぇ。

R0011444_R.jpg

ニカラグアに続き、エルサルバドルも美味しいコーヒーが今年も手に入りますので、楽しみに待っててくださいね。



2月も終わり、3月1日からはその買い付けするエルタンボール農園とエルミラドール農園の視察に行ってきます。 農園の様子も写真を撮ってきますので、ブログでご紹介したいと思います。 こちらもお楽しみに♪