SCAA 初日 (4/29) / by Milton Coffee Roastery

夕食までの2時間、ちょっと休む為にホテルに戻ってきました。

R0012401_R.jpg

毎年開催される度に来ているSCAA(アメリカで開催されるスペシャルティコーヒーのショー)ですが、今年はヒューストンで開催されています。 相変わらず産地の生産者や各国のロースター達と一度に会えるいい機会なので、日程的にきつくても来るようにしていますね。

上の写真はニカラグアのブースの前で、ニカラグアのおなじみの面々と撮影♪ 今回はセルジオさんが奥さんを連れての訪問だったので、ルイスさん兄弟とは別行動のようです。 



昨夜はコロンビアの方と夕食、今夜はセルジオさんと夕食、明日はルイスさん達と夕食と、毎度の事ですが夕食だけはいつもスケジュールが埋まります。 でもこれって結構重要で、産地の方々とのコミュニケーションを図る為にこのショーに来ている部分も大きいわけですから、もっともっとみんなとの信頼関係と絆を深めていく努力は惜しんでいません。

R0012389_R.jpg

さて、SCAAのショーでは午前中、様々なレクチャーも開催されていて、参加費の中に含まれています。 今日参加したのは、Hedging Strategies for the Future of Quality と題したレクチャーで、内容も為になりそうだったし、プレゼンターがアメリカのロースターやコロンビアの業者で良く知った方々だったので、なかなか有意義&楽しく過ごせました。

R0012382_R.jpg

内容としてはミルトンのお客様の多くがご存知の通り、コーヒーの価格が今のところ止まるところを知らず益々上がっているのですが、生産者の立場での考え方とそれを買付ける側の立場で考えたものの見方、今後どう双方が向き合うべきかなどなど、今僕が考えている頭の中身とのすり合わせも出来て、あっという間の時間でした。



単純にこの9ヶ月で価格が2倍になっているのが実状で、会社の規模が大きくても、小さくても、その価格以上での買いつけをしなくてはなりませんし、ミルトンのように高品質なものに対してプレミアム価格を上乗せしている会社は、更に高い金額を支払っているわけです。



ミルトンで現在販売しているのは、価格がここまで上がっていない時に買付けたコーヒーなので今の販売価格に変化をつけていませんが、今年の買付けたコーヒーが販売される時には影響が出てくると思います。 どこのコーヒー屋も価格アップをしないと、商売として続けられなくなることは目に見えていますので、どこも更に上げてくるでしょうねぇ。 この調子だと、今年は価格が下がる様子はないように感じます。



ミルトンは直接産地から買っているので、その上げ幅が少なくてすむわけですから、ミルトンのお客様はいい品質で美味しいコーヒーをリーズナブル価格で楽しめることはお約束します。 明日が最後の日ですが、明日は会場内の写真撮影がメインになりそうです。  



今夜のセルジオさんとの夕食時に話したいことが沢山あるので、紙にでも書いておこうかな・・・ 昨日は大好物のラムチョップを食べたから、今夜の夕食はテキサスステーキかな。 それではセルジオさんとの夕食会楽しんできまぁ~す♪