今日も懲りずに実験くん エスプレッソ編 / by Milton Coffee Roastery

まぁ、誰かがとっくに試しているかもしれませんが、聞いたこともなかったので、エスプレッソマシンにペーパーをセットして抽出してみました。 ご興味のある方々だけ、今日のブログはお付合いくださいね。

まず。エスプレッソの粉をつめるポルタホルダーに、まずペーパーをセット! そんな商品もないので、自作でカットして作りました。 ペーパーは酸素漂白した白いペーパーと、三洋産業製のアバカ入りペーパーの2種類で実験。 ミルトンでも販売していますが、アバカ入りは、コーヒーの油も程よく出てきて、美味しいと評価していただいているペーパーです。
じゃん! これがエスプレッソを抽出した後のパック。 コツは、多めに粉を詰め、しっかりタンピングすることですかね。 でないと、水っぽいエスプレッソが出てきます。
左が、通常のエスプレッソにお湯を足したもの、真ん中がアバカフィルター使用、右が漂白フィルターを使用。 結論としては、圧をかけてエスプレッソを出したにもかかわらず、ペーパードリップ傾向のコーヒーに仕上がることが判明。 特に普通の漂白フィルターは、その傾向が強いのですが、アバカ入りは、ペーパーの目の粗さからか、通常のエスプレッソと漂白フィルターの中間の味に仕上がりました。 ちなみに、コーヒーオイルはどちらもきちんと出ています。

「これ、アリでしょ!特に、アバカフィルターは」 とスタッフと一緒にうなずく。 
残念なのは、エスプレッソでは大きな違いが出てこないものの、お湯でわってホットコーヒーを作ると、3種の違いがハッキリわかります。

カフェで、エスプレッソマシンを持っているお店なんかは、エスプレッソでペーパードリップライクなホットコーヒーが、時間をかけずにできてしまうわけで、忙しいカフェでも対応できそうな感じ。  これ、万人ウケしそう。

特に、アメリカなど海外のカフェの間でも普及しそうだし、簡単で美味しく出来上がるわけで、更なる工夫があちこちで起こるかもしれませんねぇ。 日本では変わったことすると、否定からはいる人が多いので、個人的にはそこが残念かなぁと思ってします。

エアロプレスやストーブトップ(マキネッタ)なんかも、ペーパーフィルターを使用しているので、エスプレッソマシンでもアリかなと。