唯一ひやっとした体験@フィリピン / by Milton Coffee Roastery

フィリピンに到着して2日目のブログにも紹介しました村の、裏出来事を少々。
位置としては、N 14.15109, E 121.033964 ←をGOOGLE MAPで検索!

マニラから南下した場所なのですが、車で随分かかったイメージがあります。 フィリピンのあちこちでコーヒーは栽培されているのですが、ほとんどがロブスタ種やエクセルサ種、まれにリベリカ種が作られていて、この村でもリベリカとロブスタが作られていました。

初めての訪問で、全く訳わからない状態で連れて行かれた場所でしたが、到着してほどなくコーヒーをすすめられたわけです。
そこに集まっている人達で、すでにコーヒーブレイクをしていた様子でしたが、お言葉に甘えてコーヒーを頂くことに・・・
さぁ~コーヒーを飲もうかと、一口だけ飲んだ時に、なんだかお酒のようなものも進められる・・・

ん~昼間から、やってるねぇ~!と思い、1、2秒躊躇していると、連れてきてくださった方が、「一口飲んでおきなさい!」 と顔は笑顔でも口調はやや真面目に。 ジネブラ・サンミゲルという、コテコテ地元で製造の庶民的なお酒、「ジン」だったわけで、アルコール度数もかなりあったはず。 
グラスも地元人に、スッと渡されウェルカムドリンクのように、まぁ~一杯やり~ね~♪ のようなノリ。
サトウキビで作られた蒸留酒なので、サトウキビの甘みがポン!と口に広がり、強いアルコール感が胸に熱く感じる。

帰りの車中で聞いた話だと、ここの村の人達は一軒一軒銃を所有し、夜は誰も出歩かないらしい。 勧められたら、少量でも飲んでおくことで、敵ではありませんよぉ~という意味合いも込められているのだとか。 拒むと、気分を害されるそうで、決していいことにならないらしいです。

そういう危ないことや、ローカルマナーをもっと早めに教えてもらえる??と心では思っていましたが、まぁ無事にやりすごせて良かった、良かった。

フィリピンも安全なところも多いのですが、まだ治安面の良くない場所も結構あり!
そして小さな村では、団結力が強くて、他グループとの抗争があると、総出で応戦する傾向にあるようです。 まぁそれも村やグループによるらしいのですが、僕もこれから色々とルールを知らないと怖いことになりそうですね。