出発待ちの合間に / by Milton Coffee Roastery

諸事情により、エルポルベニール農園への出発が押してるので、1人でぶらりとオコタルの街を散策してみました。

もうこの町には何回来てるでしょうかねぇ。滞在期間を足したら数ヶ月ぶんは過ごしてる事になるでしょうかねぇ。

ホテルと併設のガソリンスタンドも閉鎖され、幾分走ってる車もやや新しくなって来ている様子。ここは田舎だから近代化は後になって始まるのでしょうけど、少なくとも景気は上向いている様子を受けました。

ただニカラグアは産業に乏しく、綺麗な歴史を感じる町が多数あったり、海沿いの町には立派なリゾートもあるのですが、力を入れている観光業にしてもまだまだ盛んではないですね。

コスタリカ等の近隣の国に出稼ぎで出て行く労働者も多く、セルジオさんも肝心の収穫時期に摘み取り作業員の確保に苦労したらしいです。どうしても賃金の高い場所に労働者は流れますしね。 先月行ってきたフィリピンもそうでしたが、出稼ぎは圧倒的に女性が多いんです。 国で仕送りを待つのは子供と旦那。 当然働かない怠け男が増えて、ここニカラグアでも社会問題になっています。

さて、セルジオさんも来たことですし、エルポルベニール農園に行って来ます。