おめでとう!カップオブエクセレンス受賞!! / by Milton Coffee Roastery

まず、エル・ポルベニール農園のセルジオさんですが、彼が別に所有しているカサブランカ農園が先日のニカラグア カップオブエクセレンスで10位を獲得!!! 彼にとっても念願だったと思いますが、僕にとっても念願です。 
ひとまず、おめでとう!!セルジオォォォォ!

もぉ~本当に、本当に試行錯誤しながら、毎年作り続けている彼なので、僕も早く受賞させてあげたかったというのが本心でした。 ただ~し! カサブランカ農園は彼の亡くなったお父さんの持ち農園だったものを受け継いだ農園。 次は、セルジオさんが自分で開拓して始めた、そして僕が農園の小屋で寝泊りして過ごした思い入れ深い、エル・ポルベニール農園で受賞してほしいですねっ。

おめでとうのメールの返事が返ってきましたが、「全ての工程をロットごとで記録してるし、何が成功に導いたのかわかるから、今度はエル・ポルベニール農園でも実行するよ!」 と力強いメッセージをもらいました。 一皮むけたセルジオさんにこうご期待ですね!
次は、セルジオさん同様にいつも買付けしているサラティエルさん! 彼なんかはカップオブエクセレンスのある意味常連でもありますが、今回は15位に入賞! いやぁ~凄いね。

3月の買付け時点で僕がカッピングした時は、買付けコーヒーの中でも断トツの高得点をつけたコーヒーで、その時は88.5点を付けました。 今年のカップオブエクセレンスでは、僕のつけた点数より2点ぐらい低い点数での15位入賞でしたが、それでも大したものです。 まぁ僕が88.5点つけたコーヒーは現在出荷準備中なので、日本到着はもうちょい先になりそうです。 僕も楽しみですが、皆さんも是非楽しみに待っててくださいねぇ。

サラティエルさんは、実験大好き農家さんで、毎年違った改善を見つけ出しては試みている、現地でも珍しいタイプの積極派生産者ですね。 セルジオさんと違うのは、経験値でしょうけど、お二人とも積極派生産者であることは間違いないですね。

もうミルトンは積極的にカップオブエクセレンスを落札することはないと思います。 生産者の応援を止めたわけではなく、コンテストクラスの高品質なコーヒーが現地への直接買付けで調達できるようになったからです。

これほどパワフルで、透明性のある取引きはありません! こうした形がとれるようになったのも、美味しいコーヒーを根気強く作ってくれる生産者達と、それを購入して支えて下さる皆さんのおかげです。 皆さんに心から感謝するとともに、再度改めて上記の二人におめでとうを贈りたいと思います☆☆☆