まずは農園二箇所をじっくり♪ / by Milton Coffee Roastery

ただいま朝の4時です。日本は夕方の5時ですね。
あまりに眠くてブログを書かずに寝てしまいました。

昨日の農園訪問は、とても有意義で実りあるものとなりました。 まずはオマル ビベロスさんの経営するラスフロレス農園へ! (写真上)

その後、現在販売中のロドリゴさんの農園、ラエスメラルダ農園に行ってきました。(写真下)

どちらも2回目の訪問でしたが、最大の収穫はお互いのことが昨年以上に理解し、信頼関係が出てきたことだと思います。

コロンビアの農家さん達もシャイな方が多いのですが、以前よりも事細かくコーヒーの事、天候の事、作業の話を説明してくださり、またご家族を巻き込んでの対応を昨年以上に温かく迎えてくださりました。 ジョーダンも沢山交えながら多くの会話が出来た事は、今までコロンビアでは感じた事がない感覚でした。

また今回のコロンビア訪問は、多くの農家を巡るよりも、一軒一軒をじっくり迷惑のかからない程度に時間をかけて伺う予定でしたので、これが功を奏したのかもしれません。

現在販売中のラエスメラルダ農園も、これから販売するラスフロレス農園も、きっとミルトンのお客様皆さんに美味しいと評価をいただけている、いただけると思います。 そして、それは更なる美味しさに進化するでしょう。 そう今回の訪問では確信しました。

実は素晴らしいコーヒーを生み出す農家には、熱意はもちろんのこと、作業的に共通する部分があります。国も関係ありませんし、品種も関係ありませんが、実行している農家はとても少ないと思います。

それを理解出来ている農家とそうでない農家とは、カップクオリティに明確な差が出ています。 今回の訪問では、それも予想から確証に変わりました。

深く各農家と接する事で、私もまた成長させてもらっています。
明日もまた、集中して2つの農園を巡りたいと思います。

余談ですが、農園へ行くまでの道中があまりに悪路でお尻の皮が擦れて痛い(>_<)! しかも前後左右にひたすら揺さぶられ、体はある程度固定出来ますが、内臓がグニャグニャと揺さぶられて胃や腸がおかしくなりそうでした。

相変わらず、虫除けしても、両手両腕に蚊がよってたかって、吸われましたし。

7時にホテルを出発なので、もう一寝入りします。次の農家訪問記もお楽しみに!

ちなみにミルトンのfacebookでは動画や写真を載せていますので、合わせてご覧ください。