子育てと似てると思うのは私だけ / by Milton Coffee Roastery

 我息子の太一、毎日お店に出勤しておりますが、コーヒーのことから、接客までを0歳教育で実行中。 どこまで覚えているのかは定かではありませんが。。(笑)

 我息子の太一、毎日お店に出勤しておりますが、コーヒーのことから、接客までを0歳教育で実行中。 どこまで覚えているのかは定かではありませんが。。(笑)

最近の私の頭の中はコーヒー以外の事では、もっぱら社員教育のことでいっぱいです。 そしてミルトンで働く上で、接客をきちんと行えなければいけません。 それも単なる接客ではないところがミルトンなのですが、そこをきちんと心から把握し、理解し、応用できるようになるまでに、やはりそれなりの時間と指導が必要になります。 

 もう正直言って、こればっかりは本人の本気度が問われてきます。 

器用に接客をこなしてしまう人の中には、本心でお客様に感謝しながら接客しているか怪しい者もいるでしょう。 でも見る人から見れば、直ぐにその薄っぺらい本性がばれてしまいますよね。 

一見不器用なタイプの従業員でも、本気になって取り組んでいると、いつのまにかありとあらゆる仕事を完璧に行い、お客様からも信頼を得られるオールラウンダーとして活躍しているかもしれません。 

 センスも大事ですが、本気度合がもっと大事なように感じます。

 若手がバンバンと活躍してくれるようになってきました。 そんなセリフを言うあたりが、自分の歳を感じさせてしまいますが、まだまだ私もやりますよ! やりたいことだらけですので!!

 若手がバンバンと活躍してくれるようになってきました。 そんなセリフを言うあたりが、自分の歳を感じさせてしまいますが、まだまだ私もやりますよ! やりたいことだらけですので!!

 本気度が高いのであれば、あとは経営者の指導の責任が問われますね。 輝かせるのも腐らせるのも経営者の責任だと思っています。 子供の教育も指導も同じかなぁと最近感じています。 将来まで完璧なレールを敷くことはないでしょうし、本人の意向も尊重したいですしねぇ。

正解がないのかもしれませんが、従業員教育に関してはブレたくない部分がしっかりとあるので、そこは徹底的に理解して活躍してもらうつもりです。  それだけガチンコなので、辞めてしまう人材もいるでしょうけど、それはそれで良しと考えていますし、逆に皆が辞めずにいるようであれば、もしかしたら指導が甘いのかもしれませんしね。 

来春には追加で数名入社するので、私の頭も当面いっぱいいっぱいが続きそうです。 まぁ大変ですが、楽しんで仕事ができているのでとっても幸せ者です。