やれることはまだありながらも / by Milton Coffee Roastery

久米店はハロウィンデコレーションから、クリスマス仕様に切り替わりました。 ここに大きなクリスマスツリーが飾られる予定ですので、ご来店の皆さまお楽しみに! 

人気のコーヒーは相変わらず新豆セットですねぇ~。 ホームページのトップ画面でもランキングが出ていますが、大抵定番のセロデルシエロ農園が上位に上がっているのですが、定番コーヒーを差し押さえてセット物と、新発売に人気が集中しています。 やや意外だったのはハウスブレンドが5位にランクインしていますが、こちらは夏場あまりコーヒーを飲まないとおっしゃられるお客様からのご注文が増えてきている現象だと思います。 

ミルトンコーヒーは来年初旬には丸10年を迎えますが、おかげさまで毎年二桁成長をし続けています。 それもほとんどが店頭にいらっしゃるお客様によるご購入が占めます。 それだけ多くのお客様がお店に来て下さり、一杯ずつコーヒープレスで淹れる試飲用のコーヒーを飲まれ、お時間のある方は寛ぎながらコーヒーを選ぶミルトンのスタイルが定着してきているのかもしれません。

よくネット販売が多いんじゃないの?卸しも多いんじゃないの?と聞かれますが、ネット通販はそうそう物が売れるわけではないと認識しています。 モールなどに出店すれば売上が上がるのかもしれませんが、私は大量に不特定多数の方々からご購入していただくことに念頭を置いていないのです。 店頭と同じようにネット通販も口コミで広がるぐらいの、スローペースでジワリジワリとファンが増えてくださる方が、私としてもとても満足できます。 

その理由はただ一つ。 これだけ苦労して買ってきているコーヒー豆の良さを理解していただけ、美味しさとそのコーヒーが出来た背景までを何となくでも良いので分かっていただけるお客様にご支持いただけたらと思っているわけです。 通販でも満足していただくためには、万が一何か不具合があった場合にも迅速に適切なご対応ができることが肝心と考えます。 

卸し先のレストランやカフェなどもまだ数えるほどしかございませんが、その理由は単に営業活動していないからです。 ごめんなさい、手が回っていないだけです。 それでも有難いことにミルトンのコーヒーを利用していただいているお店さんは、ミルトンのコーヒーの品質の高さ、美味しさ、安心してお客様にご提供できるという価値を見出してくださり、お店さんからミルトンに卸のお話を持ちかけてきてくださった方々ばかりです。 もちろん価値を見いだせないお店さんは、一般のお客様同様に取り扱いを止められるか、使用量も少なくなりますが、仕方ないことかもしれません。 

「ミルトンさんが卸しているお店には営業に行っても、ひっくり返らないんだよなぁ」
先日、同業者の方がミルトンでテイクアウトドリンクを飲みながら、独り言のように言っておられました。 ミルトンのコーヒーを飲みながらお話されていたことが面白く、憎めない営業マンだなと思いましたが、逆にそこまで熱心にミルトンのコーヒーを使ってくださっているお店さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

以前営業していた頃に先輩営業マンから言われた言葉があります。 「価値のないものを売るのは至難のわざ。 値引きかダマすしかないといけない。 でも価値があり理解できるお客様がいらっしゃるなら、値引きや安売りは3流の営業マンがすることだ!」 と。 その通りだと思います。 3割、5割引き等してでも利益が出るならいいかもしれませんが、私がお客なら、最初から安くしてよ!と思ってしまいます。

ミルトンではボリュームディスカウントはしていますが、明らかに価値の高いコーヒーをお届けしているつもりです。 

皆さんの口にはいる食品です。 責任もって自分たちが現場から買付けをし、自分達で輸入し、そして焙煎してお渡しする、この過程全てが私は大切なことだと考えています。 美味しくないコーヒーを産地の買付け時に誤って選んでしまえば、お客様にそっぽを向かれるのは私達ですが、全責任も私達にあるわけです。 それだけ、全てにおいて責任を持って仕事をしなければいけないわけです。 価値のある食品を取り扱う者として、これからもその責任が崩れることはないでしょう。

ところで、余談ですが来年2015年もミルトンは成長し続けます。 もうすでに水面下で動いていますが、それは後々のお楽しみということで。 やっぱり仕事も楽しくなくっちゃ、お客様もワクワクしませんよねっ。