使いやすいオリジナルコーヒー袋できました / by Milton Coffee Roastery

実に何年かかったのだろうか。 オリジナルのコーヒー袋は是非とも作りたい物のひとつで、OPENしてから何パターンも既製品・規格品の袋を試してきました。 その度にお客様から貴重なご意見を頂くことができ、おかげさまで細かい改善点やオリジナルを作る上での注意点も得ることができました。
そして、ここにその声を反映させた完全オリジナルの袋が出来上がりました。 だいぶ納期が遅れましたが、ギリギリ年内に間に合い、2015年の初売りから本格的に使われることになります。

チャックがあることはもちろん、中の炭酸ガスは逃がしながらも外気は入り込まない逆止弁バルブもついています。 袋の底は平底になっていますので、ポンと置いても自立します。 ペットフード業界では良く使われている平底のチャック袋ですが、コーヒー業界ではまだ普及している程ではないようです。 使い勝手の良さから遅かれ早かれ、これが主流になっていくのではないかと思います。

袋のヨコ幅、タテ、マチの幅など細かく指定して作ったのも、お客様のご意見が反映し、コーヒーの取り出しやすさと、自立性、そしてギフトとして使用する際の見栄えとギフトボックスの収まり具合など、思い出しただけでも道のりは長かったなぁと感じます。 まぁ、仕事の合間に企画していたから余計に時間がかかっただけなのですが。

そういえば、ギフトボックスから、紙袋、ビニール袋に至るまで、様々なものがオリジナル仕様となってきていますが、これが可能となったのもミルトンをご利用くださるお客様数の増加が大きく影響しています。 何を作るにしてもロットが大きいもので・・・ どうやっても数年前は作りたくても作れなかったわけです。

そして、2号店もおかげさまで新規のお客様が増加しており、既にリピーターの方々がご利用くださるようになりました。 それはまさに従業員のヤル気に直結しています! 「2号店はどうですか?」とお客様から多くの声をいただきますが、袋にしても2号店にしても、お客様のおかげでより良く改善ができ、感謝しております。

我々も少しずつ前進できているのかな・・・正常進化していますように。