仕事も見えれば面白い世界が広がる / by Milton Coffee Roastery

元来、飽き性そもそも面白くなければ、もうとっくに辞めてると思われるこの仕事。 しかもミルトンはコーヒー豆を日本の問屋や輸入業者などの中間業者から買っていないので、現地から直接仕入れてこないといけないんですよ。 別に中間業者嫌いしているわけではないのですが、単純に業者から買うと、どこのコーヒー屋とも同じコーヒー生豆を扱わないといけなくなることが最大の理由でしょうか。

まぁその話はいいのですが、9年前に脱サラして始めたこの仕事ですが、奥が深すぎて底が全く見えません。 そこがクラフトマンシップ、所謂職人技を磨く甲斐がある理由なのでしょうね。 

焙煎技術も常に向上し続けています。 昔は「絶対」に難しい!無理!と思われていた方法も今ではサラッと出来てしまったり、もうこれ以上コーヒー豆のポテンシャルは引き出せないだろうと思っていたら、偶然の失敗から大発見があったりと、毎日刺激がありすぎます。

私があまりブログで焙煎技術について書かない理由も、日々変化していっている焙煎なので、情報が明日には陳腐化するからです。 まぁ、美味しければいいんです。 

ある一定レベルに達するまでは、焙煎にしろ、店の運営方法や販売量など、他の人や店のやっていることが気になっていましたが、今では良くも悪くも気にならなくて、むしろ自分の行動に打ち込めてイイ感じです。 

ややコーヒーから脱線しますが

打ち込めば打ち込む程、見えてくるものも変化してきます。 昔は良かったものでも、今では見向きもしなくなってしまったケースも多々あります。 興味が湧かなくなったという言葉が正しいかな。 見えてくるものはなにか、、、それはミルトンのスタッフ達も含め、他業種、同業種の人達の仕事に対する熱中・拘りぶりが見えてきます。 それが本物か偽りかも見えてきます。

一見ちゃらんぽらんに営業しているようで、連日大盛況のお店もお客様に支持される理由があるわけで、昔は何で繁盛しているのか理由も見えませんでした。 実はお客様側には見えないストイックな経営方針と隙のない経営者の行動があることを今では見えるようになってきました。 

当たり前のことですが、経営者や中間管理職クラスは、ひとつのことに長けているだけではいけないわけで・・・。 でも、雇われている身であっても、自分の仕事に打ち込みながら、全体が見れる人材が多いお店や会社は、外から見ていても気持ちいいし、何より繁盛していますね。

私もスタッフも全員がそれぞれの仕事に打ち込んでいきながら、お店全体、商売全体を見れるようになりたいものです。 そして、今日も「あ~ミルトンのコーヒー美味しいね!」と思っていただけたら、頑張り甲斐があります(^^)