女性、社会に進出。 女性ミルトン支える。 / by Milton Coffee Roastery

先日のブログ「良き先輩の後に続け!」 で書いた、男性スタッフは当面補充する予定はありませんが・・・に翌日から思いの外反応が多くて少しだけ驚きました。 いやいや、男性スタッフを今後も入れないわけではないのですが、今は必要ないかな~ということなんです。

どういうことかと言うと、今のミルトンは成長期の真っ只中ですが、大人数雇えるほどの体力があるわけではないんです。 最低限の人数でお店を運営していかなければならないので、大忙しの日の個々のスタッフの負担も相当なものになってきます。 そうした中でも笑顔で忍耐強く頑張ってくれるのが女性スタッフ達なんです。

こう書くと男性スタッフは忍耐強くないのか!みたいな誤解を招いてしまいますが、そうではなくて、興味や関心事への度合いが違うように思うんです。 とても乱暴な言い方をすると、男性は足元を見ずして先を見る。 女性は先を見ずして今を生きる。みたいな感じです。 差別でもなんでもないので、怒らないでくださいね。 でも、今までのスタッフ達を見てても、男性は何か関心事に熱中したいという願望が強くて、それを突き詰めていきたいように私には見えました。 反面、女性スタッフ達は、エスプレッソの抽出など何か一つに特化してその部分だけを極めたいというよりは、接客も含めた全体を手際良くパパパッとミスなく進めてくれます。

このままミルトンが大きくなっていけば、来店されるお客様の人数も更に多くなり、接客は接客、ドリンク担当はドリンク担当という感じで、専門性を高めたスタッフを増やさなければならないとは思います。 ただ今のミルトンは、一人一人がドリンク作ったり、通販の準備をしたり、接客したりと兼務をしなければ到底お店がまわらないんです。 では、現時点ではどんな人間が向いているか・・・と聞かれれば手際良くミスなくスムーズに業務を進めてくれる人が活躍できるというわけです。 

まぁ、こうは書いてみたものの・・・
実際今働いているスタッフを見てても、広く浅くというタイプでもないですし、むしろ広く深くを実行しているパワフルな女性陣がミルトンを支えてくれています。 

おぃおぃ、いつになったら、男性陣の出番が来るんじゃい! 一つのことの専門性を高めたい男性陣の行き場が無くなってしまうんじゃないかい!? 頑張れ!俺。頑張れ、男!

益々頭が上がらなくなってきている自分がココにいたりして。