ニカラグアに到着 / by Milton Coffee Roastery

image.jpg

今年もやってきました、ニカラグアの小さなコーヒーの町、オコタル。もう少しでホンジュラスとの国境 なほど、首都マナグアから離れていますが、ニカラグアでオコタルは最高コーヒーが集まる場所としては有名です。数々のカップオブエクセレンス国際品評会受賞農園がこのエリアから輩出されています。

今日は丸々エルポルべニールに農園のセルジオさんと一緒に農園、生産処理設備、乾燥場を 巡り、最後に今年買い付けするコーヒーの品定めをします。

ミルトンに並ぶ直接買い付けのコーヒー達は、全て同じプロセスを踏んで選ばれ、輸入し、焙煎され、みなさんの元に届くわけです。 別に私は神経質でも潔癖でもありませんが、自然に考えても自分が安心して美味しいコーヒーを飲むなら、今私が行っているような買い方をされたコーヒーを飲みたいと思います。 裏事情など知らぬが仏の食品が多い中、せめてコーヒーだけでも飲んでいるものに自信を持ちたいものです。 

それにしても、空が青い。。。 この空気感をお届け出来ないのが残念でしかたありません。 なぜならあれ程悩んでいた肩凝りも吹っ飛ぶぐらいの開放感と、日本人にも割と受け入れやすいと思われる「のんびり系統」のラテンの雰囲気が癒してくれるからです。 ミルトンのコーヒを飲んでいる皆さんには是非とも来て頂きたいと思います。 いつかツアー組みますので!