仕事も楽しくなければね / by Milton Coffee Roastery

つい最近、3か月の試用期間を経て、本人の意思を再確認した後、晴れて正社員なった女性スタッフがとても嬉しそうに「ありがとうござます」と私に言ってくれましたが、経営者として私からも会社を理解してくれて、これからも頑張ると言ってくれてありがとうと言いたいです。  彼女からの話から、自分の向かっていきたい方向と、会社の方向性が合致しての決意だったと感じました。

既にミルトンのお客様はご存じだと思いますが、ミルトンは良くあるコーヒー屋とは違います。 表向きはコーヒー豆の販売だったり、カフェ業務があったりと、パッと見は良く見かけるコーヒーショップと似ていますが、根本的に内部は違っています。 その内部が違うことが、県内外のお客様に支持していただけているのだと信じています。 最高の素材探しを産地で行い、限りなく100%に近いポテンシャルを発揮できるように焙煎しつつ、鮮度の良いうちにお客様に飲んでいただくこと。 似ているようで、向かっている方向も実行している内容も違います。

これはコーヒー屋として当たり前過ぎることですが、基本がどれだけ奥深いものかは、追究している人にしかわからず、追究している者同士しか話はあわず、追究している人こそ他人の粗探しをせず、自分のレベルアップに努める、そして謙虚な方が多い気がしています。 ミルトンで働く上では、こうした事も日を追って体感していくこととなります。

コーヒーを作ってくれる農家にも、当然日々の出来事があり、大きな変化があります。 上の写真のセロデルシエロ農園のマウリシオさんの娘たちも、農園を手伝うことができなくなってしまいました。 マウリシオさんが農園を売ったからです。もちろん、今年から買付けができなくなってしまいました。 始めた当初から雇われ農園主だったわけですが、地主が土地を売りたいとなれば、従うしかありません。 こうした双方の人間模様を知ったり、腹を割った意見交流を重ねながら、コーヒーという農産物を我々は手に入れることができているわけです。 こうしたことも、ミルトンで働く上では事実を「へぇ~そうなんだぁ」と思うだけでなく、心で理解する必要があります。

一粒のコーヒーができる背景には、様々なものが絡んでいて、最終的にはお客様の口にはいり、喜んでいただけるように我々も努力する。 そこを抑えていなければ、コーヒー豆を販売する意義が薄れてしまうと考えています。 そこを理解してくれるスタッフには、私も最大限の礼をお給料や待遇でお返ししたいと思っています。

では、具体的には何ができるでしょう。 
今年出産予定のスタッフもいますし、今年産休から戻ってくるスタッフもいます。 産休を取りたいスタッフもいれば、働きたいと思う女性もいることでしょう。 うちの会社のように小さいと、戦力となる人材が一時的にでも抜けてしまうことは痛手です。 我が家がまさにそうでしたが、働きながら裏の事務所で赤ん坊を育てていました。 我々は必要に迫られてのことでしたが、きっと託児所に預けなくても、傍に子供を置きながら仕事ががんばれる環境があれば、働く女性にとっては安心できるのではないかと思っています。

まずは事務所の一角を子供のプレイスペースに作り替えました。 これから授乳スペースと、ベビーベッドを設置して、設備の充実を図っていきます。 もう子育てから手が離れたスタッフもオムツ替えなど手伝えることはありますし、ミルクをあげることもできると思います。 みんなで助け合いながら、もしかしたらフルタイムに近いぐらい働けるかもしれません。

結局のところ、スタッフが楽しく充実した仕事ができなければ、お客様に満足してもらうことなどできませんし、私はその仕組みを構築していく監督業を、これまた楽しみながら実行していくということに尽きる! といったところでしょうか。

難しいことを書きましたが、20代、30代の女性スタッフ達の日々の笑顔が絶えません。 面白おかしく努力すれば楽しくなる!と理解しているからでしょう。 その店内の空気の良さがまたお客様にも伝わっていっているような気がします。