チャンピオンシップ開催! / by Milton Coffee Roastery

第一回ペーパードリップチャンピオンシップを開催します。 と言っても社内イベントですが、スタッフ同士が本気モードで対決するわけですから、企画した自分が一番楽しみだったりしています。 優勝者にはトロフィーも刻印付きで渡されますし、優勝者のレシピもミルトンにご登録してくださっているお客様にご案内いたします。 1年間はそのチャンピオンとして威張れるわけです(笑) 誰も威張らないと思いますが。

正直、こういうイベントをやって!と社長が言ったところで、みんなが楽しんでできるものではありませんが、いつもの私とスタッフ達との会話の中に様々なヒントが転がっていて、それならやった方がいいな!と今回思いつき、速攻で開催日も決め、現在はみんながコソコソと練習している段階です。 コソコソしないと自分の考えたレシピを見られてしまうという心理が働くのかもしれませんが、休みの定休日でも若干名練習していたのは、なかなか本気度高いです。 もちろん全員参加の強制イベントです(笑)

もともとスタッフ達もお客様にご家庭での美味しい淹れ方のご提案をする立場ですし、ミルトンのコーヒーを少しでも美味しく淹れることができれば、お客様にもより満足できるご提案が可能になります。 社外の公のチャンピオンシップもありますが、接客に携わるスタッフ全員のレベルアップと、お客様の満足を考えると、社内でも成功させれば意味が大いにあるかなという目論見です。

詳しいチャンピオンシップの審査方法とルールはここでは省きますが、同じ要領でエスプレッソからフレンチプレス、エアロプレス、クレバーにいたるまで、開催していく予定です。 このイベントで大事なのは、各自が真剣に個人ベースで考え抜くということにあります。 

その抽出方法で一年間、チャンピオンになることは、スタッフ間の中ではある意味名誉なことだと思いますし、頑張った勲章だと思いますが、私は何事も過程を重視する人間なので、仕事の過程を勉強してもらいたいわけです。 結果ばかりを追いかけても楽しくないばかりか、応用が全くきかない人間に育ってしまう可能性があります。 

どうやってそこにたどり着いたのか、どんな試行錯誤を繰り返したのか、今の自分のベストを尽くせたのか、などを振り返ることも結果と同じぐらい大事なんじゃないかなと常々思っています。 さて、緊張の開催日ですが、4月の4日月曜日!そう定休日に本店で開催します。 勝手に全員参加させられ、定休日まで潰されるなんて!とスタッフに思われてるかもしれませんが、今のところ全員黙々と、そしてコソコソと自主練してくれています。