一朝一夕で築き上げれるものではない / by Milton Coffee Roastery

訪問2回目! エステリにあるアンガスビーフステーキハウス「Pullaso's Ole」 エルポルベニール農園のセルジオさん家族が連れて行ってくれました。

訪問2回目! エステリにあるアンガスビーフステーキハウス「Pullaso's Ole」 エルポルベニール農園のセルジオさん家族が連れて行ってくれました。

今年から様々な仕事をスタッフがしてくれるようになったので、これまで抑制してきた活動を行えるようになってきました。 これは本当に有難いことで、ここに至るまでこんなにも年数がかかるとは思いもしませんでした。

時間が最もかかり、エネルギーのいる仕事を先にやっておきたいという考えの元、産地では最高品質のコーヒーの調達をし、日本ではスタッフ教育にエネルギーと時間、そしてコストをかけてきました。 とにかく時間がかかるのがスタッフ教育と、生産者との信頼関係です。 

今年から、他の複数の国内ロースターと一緒に行っていた買付けを止め、個々での買付けに切り替えましたが、ミルトンが生産者を変えることは当然考えていませんので、同じ農家からの取引きを継続する形をとりました。 オーナーレターでも触れていますが、この信頼関係を築くのには何年もかかりますし、信頼を得られるような行動と姿勢を絶えず示し続けていなければいけません。 信頼とはそういうものだと思います。

生産者と一緒に、美味しいコーヒーを追い求め、情報を共有し、共に想像を膨らませながら理解し合い、次のステップを一緒に楽しんでいくというプロセス。 これを何年も続けていくことで、ただのビジネスパートナーから、信頼できる友&パートナーとなるのだと思います。 まさに、一朝一夕で築き上げれるものではないということです。

10年前からこのことを取り組み続けてきた結果が、今の信頼に繋がっていることは疑いの余地もなく、お互い一緒にいても、とても心地よい空気が漂います。

学校のテストでは先に解けるものから始めなければ点数が取れませんが、社会に出てからは一概にそうとも言えないかもしれませんね。